トップ  >  戦略会議概要トップ  >  会長挨拶

協議会概要

会長ご挨拶

会長写真 九州イノベーション創出戦略会議
会長 津田 純嗣
一般社団法人 九州経済連合会
理事・産業振興委員会 委員長
(株式会社 安川電機 代表取締役会長)
会長ご挨拶

 「九州イノベーション創出戦略会議」会長の津田でございます。

リーマンショック以降は、順調な拡大を続けていた世界経済ですが、スマホの減速、自動車の頭打ち、半導体の出荷の減速等に加えて、米中貿易摩擦の影響で、多少先行きが不安という状況になっております。このような中で、在庫調整が大体終わり、底打ちというところではありますが、ここから上向きに行くのには、良い材料が見当たらないという状況であります。


一方、AI・IoT・ビッグデータ・5G等のデジタル技術の革新とグローバル化等の進行により、社会が変わり、新たな付加価値や製品・サービスが生まれ、我々の仕事のやり方も変わってくるということは、待ったなしの状況であります。景気の回復を待つというわけにはいかず、行動しなければいけない時だと思っております。


こういった状況の中で、九州の産業が今後も発展していくためには、新たな時代へのスピードある対応が必須という風に考えます。そのためには、自前主義から脱却し、自社の持つ強みと他社のリソースを掛け合わせ新たな価値を作り出す「オープンイノベーション」の取り組み必要があると感じております。


本会議は、平成20年9月に発足して以来、九州地域の大学・高専、公的試験研究機関をはじめとする63の関係機関を有機的につなぎ、相互に連携して、地域企業によるイノベーション創出を支援する取り組みを進めてまいりました。

本年度は、九州内外の企業等のニーズとシーズを調査し、提供するとともに、各機関のコーディネータの連携によるマッチング等を通じたイノベーションの創出を支援することとしております。


関係機関や本会議の会員機関のお力添えをいただくとともに、地域企業の皆様方の積極的なご活用をお願い致します。



 

令和元年8月

ページトップへ